オスマントルコ・商人マニュアル

目次代わりのページです。

お遊びで、ドラマ風に仕立ててあります。読み飛ばして下のリンクから必要なページを読んでくださって結構ですw

 
 
O001
やあ。君かい? オスマン帝国と契約したいっていう奇特な商人は……。
まあ、いつでも亡命できる時代さ。オスマン帝国の領地に投資して特産品を買う権利だけ手にして母国に戻るっていうのも商人として賢い選択だと思うがね。
 
オスマン帝国で商人としてやってくのはそれなりに大変だぜ。
なにしろ全欧州が敵だからな。
一人で同盟港の旗を替えに行って、十数人のヨーロッパ商人にボコられて涙目で帰って来たなんて言う話はゴロゴロしてるぜ。
主に俺の話だ(ぁ)
 
オスマン帝国商人として長くやってくなら、『稀代の資産家』って呼ばれるぐらいになってないと厳しいぜ。(稀代の資産家効果:ふっかけ上限30%効果)
あと、『伯爵』様って呼ばれるぐらいの爵位もあった方がいいな。(伯爵位以上の時、港の影響度10%以上で関税免除特権が得られる)
 
俺がオスマン帝国商人で続ける理由?
ドMだから(ごふんげふん)
いや。楽しいじゃねーか。ほとんど周りは敵。
欧州人のように仲よしこよしの投資家集団戦もいいが、自分一人の活動がオスマン帝国の繁栄に直結しているみたいな感覚はここでしか味わえねーよ。
 
ほう。いい目だ。
君は俺みたいな雑魚商人なんかあっという間に抜き去って、オスマン帝国を代表する大商人になりそうだな。
 
いいだろう。
オスマン帝国の最初の『いろは』って奴を教えてやるぜ。
ん? 『いろは』ってなんだって?
英国人でいうところの『ABC』って奴だ。
『いろは』っていうのはジパングの言葉さ。ちょうどいい、俺の船は『日本前』といってジパングの船大工に作らせた逸品さ。それがくどくど……(以下、日本前の素晴らしさについて13時間語るが割愛)
 
……
ふぅ。横道にそれちまったな。
それじゃあ、一つ一つ話していこう。
 
 
-------------------------- 目次 --------------------------
 
  ・オスマントルコとの契約条件
  ・契約時にこうむる、ヨーロッパ諸国からの制裁措置
  ・オスマントルコ国籍の特徴
 
  ・鋳造
  ・工芸
  ・縫製
 
  ・トルコ文化圏
  ・北アフリカ文化圏
  ・近東文化圏
  ・バルカン文化圏
  ・アラブ文化圏
  ・ペルシャ文化圏
 
  ・ラピスラズリ交易(黒海)
  ・コショウ、ターコイズ交易(東地中海)
  ・たらいまわし交易(黒海)
 
 
 
----------------------------------------------------------
更新履歴
2014.11.03 新規オープン
2014.11.03 オスマントルコ国籍取得について を記載
2014.11.04 黒海産物を使った生産 を記載
2014.11.06 南蛮交易 を記載
2014.11.08 短距離交易 を記載
2014.11.15 おわりに を記載
 
 

コメント

とても参考になりそうな記事です。

スエズ→バスラ間の陸路なんて初めて知りました。

間違いなく愛読させていただくと思いますので、
ご自分のペースで完成させていただけたらと思います。


              -ドM仲間より-

投稿: カスティエール | 2014年11月 3日 (月) 19時20分


コメントありがとうございます。
間違いなどないように心がけていますが、もし変なところがあったら遠慮なくご指摘くださいませ。

スエズ、バスラは結構便利ですよー。
使ってみてください。

投稿: アルベルト=サーセン | 2014年11月 4日 (火) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)