オスマントルコ国籍取得について

・オスマントルコとの契約条件

 
中南米西岸までの入港許可パナマ・スエズ両運河の通行許可を持っている
・冒険、交易、戦闘の合計レベルが90以上および合計名声が200k以上である
・爵位が五等勲爵士以上である
・人頭税10Mドゥカートをその場で支払えること
・クエストを受けていないこと
・オスマン国家との関係が「親愛」以上
 
参考:オスマン交信について
交信の成功率は副官の見張り特性値が重要です。
見張り特性値は100にしましょう!(100でも100%成功するわけではありません)
 
オスマントルコ交信持ち副官一覧
O002
今は船長の秘伝書(いわゆる副官紙)を使用して、育成済み(見張り特性100)の副官に『オスマントルコ交信』を付与する方がいちから副官を育てるよりも速いかも知れません。
また、船長の秘伝書を使ってスキルを上書きすれば元通りですw
 
交信回数の目安はおよそ100回
1回交信したら10日間航海(停泊はNG)する必要がある。
なので、10分×100回=1000分≒17時間 必要
 
交信の場所
ジブラルタル海峡のマラガの南とマラガの南東、バレアレス諸島のパルマの南にわくオスマン武装商船隊に張り付いて(帆を一つだけ開いてぐるぐる周辺を回る)一気に上げた方がいいと思います。
その他、東地中海、黒海にオスマンNPCが行き来しているのでそれを使う方法もあります。
 
 
・契約時にこうむる、ヨーロッパ諸国からの制裁措置
 
・冒険、交易、戦闘の各名声それぞれが50kダウン
・契約前所属国の敵対度が「敵対」まで上がる
(※敵対だと白ネームであっても、本拠地・領地・同盟港・開拓地に入港できません)
・それ以外のヨーロッパ諸国との関係が「険悪」になる
・以降、ヨーロッパ諸国との関係は「平常」以上好転しない
(※悪名付加はなくなりました)
 
契約前の所属国に入港できなくなりますので、そのつもりの準備をしておいてください。
 
 
・オスマントルコ国籍の特徴
 
・変装せずにイスラム圏の街へ入れる
・オスマントルコ船籍から襲われなくなる。
・全大海戦に連盟国として参加できる(連盟投票で静観が選ばれた場合は参加できない)が、大海戦の主戦国にはならない
(※連盟投票で攻撃防衛が同率になった場合は攻撃側として参戦する)
・爵位の名称が変わる
O003
 
・西欧6カ国よりも有利な条件でスエズ運河を利用できる
通行時間:1分(固定)
費用:150k(固定)
 
イスタンブール行きの回航を利用できる
O004
回航のやり方
副官を航海長に任命し、交易品が無い状態で出港所に入る。
≪システム≫→≪回航してログアウト≫を選ぶ。
 
・ハイレディン・レイスから航海への助言を受ける事が出来る。
O006
ハイレディンはアルジェの隠れ家にいます
 
スエズ-バスラ間の陸路を利用できる
O005
費用:62k(空荷時)
回航許可証:2枚
 
・専用の陸路を利用できる(要@Web契約:月額300円+消費税)
O007
ヤッファ⇔バスラ
2頭立て:費用48,000、60分、必要回航証3枚
4頭立て:費用72,000、36分、必要回航証5枚
 

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)